「恋空」ドラマへの待望

「恋空」の映画を観て、「君空」を詠ん出きた中で、おのおのの「恋空」があるのだと思ったのだ。

 

美嘉から観た「恋空」と、ヒロから観た「恋空」は、同じものでも在り、全くちがうものでもある。
ノゾムから観た「恋空」、優から観た「恋空」もあった事だろう。
おのおのが描く「恋空」は、やっぱり切ないものなのだろうとおもわれる。

 

そして、私は「恋空」の小説は詠んでいないが、映画と小説にもおのおのの「恋空」が描かれていたのだろう。
ドラマの「恋空」は、これもまた同じで在り、全くちがうものに成るのだろう。

 

ドラマでの美嘉役、ヒロ役も決まり、イメージを一新するとの事だったが、美嘉役ではガッキーと印象が被ってないとは言い切れない。
ヒロ役は春馬くんとはあたかも印象が異なる。

 

ドラマの「恋空」はどうなる事だろう。
途方もなく注目を浴びている。
映画でもなく、小説でもない、承知のいくドラマの「恋空」を見せて欲しい。
美嘉とヒロの肝心な「恋空」だが、この2人だけの「恋空」ではなく、登場人物おのおのが数々の出来事があった時に、何を思い、何を考え、何をしていたのか、細かく見せてもらいたいのである。

 

そして、これから大人になっていく少年少女達にとって、人を愛する事の肝心さや、辛い事に立ち向かっていく勇気をあたえてくれるドラマになったら素晴らしいとおもわれる。

 

私はたぶん「恋空」の小説は詠まないだろう。
しかしながら、やっぱり「恋空」のドラマには待望したいとおもわれる。

 

世俗に有益な話柄

トップへ戻る