便秘と腸内細菌

さっきから述べているように腸内には細菌がいて、善玉菌と悪玉菌がいる。
これらの細菌の数は100兆個以上もあり種類にすると100種類以上もあるそうである。
善玉菌にはビフィズス菌、乳酸菌等がある。
悪玉菌には大腸菌、ウェルス菌等がある。
どちらが良い悪いではなく、どちらも体にとって必要な大事な細菌である。

 

細菌は殊更に食物に影響を受けて増殖する。
例を挙げるとお肉ばっかりを良く口にしている人は、体の中に悪玉菌がおおくなる。
悪玉菌が他方的におおくなると細菌釣り合いが悪くなる為、体の免疫力が低下して病気に成る事があるのである。
しかし悪い事ばっかりではないのである。
悪玉菌である大腸菌には野菜の消化酵素の代わりに、野菜におおく含有されている食物繊維を分解してくれる働きをする。
それにより体内にビタミンを生成してくれる。
多すぎると体によくあらないが、適度な大腸菌は体に必要な実在である。

 

他方健康な体をキープして、便秘を改善する為には体内に善玉菌をおおく生息させる必要がある。
善玉菌はビフィズス菌や乳酸菌であるからこれらを取る為にはプロバイオティクスを取ると効果があるとされている。
また便秘には納豆等の発酵食品やヨーグルトやチーズ等の動物性乳酸菌、キムチ等の植物性乳酸菌を取ると効果がある。
食物繊維をたくさんとる事も便秘改善には必要不可欠である。
多種多様な食材を少しずつでも毎日釣り合いよく取って足を運ぶ事が腸内環境をアレンジする1番肝心な事である。

トップへ戻る