精神安定剤と薬の依存にかんして

精神安定剤と薬の依存にかんして

精神安定剤と薬の依存にかんして

精神安定剤を呑み込む時に懸念されるのが精神安定剤を服用する事で生じる依存である。
その依存にかんして少し解説してみるべきだ。

 

 

依存には体に対する依存と精神に対する依存の2種類があると云われている。
体に対する依存はどのような事かと云うと、薬を服用していて急に留めたケースの場合に体に禁断症状が現れてしまう状態の事を指している。
例を挙げると薬を留める事で頭痛がおきてしまったとする。
これが体による依存であるためである。
次に精神に対する依存にかんしてであるが、薬を飲んでいる時には薬を飲んだ事で症状が治まってると云う安心感が、留めた事に拠ってなくなるので飲んでいないと安心出きないと云う状態に成る事を指している。

 

 

例を挙げると、抗懸念薬にかんして云うと軽度では有るが精神に対する依存性も有るし、体に対する依存性も有る。
抗懸念薬の服用を急に留めたケースの場合であるが、一時的では有るが服用前よりもつよい懸念症状を実感する可能性が高いものである。
しかし抗懸念薬の依存でつよいのは精神に対する依存に成る。
薬を飲んでいる事で懸念に成る事は無いと落ち着いていたのに、薬を服用しないだけで「本日は飲んでないけど、懸念にならないかな。
懸念だわ」等と懸念症状に駆られてしまう様に成るのである。
そう云った症状がでるように成ると、現実には服用しなくても良い状態に為ってるのに服用しないと安心出きないと云う様な状態に成るのである。

 

 

精神安定剤を服用する時には、種類に拠ってこう云った依存性の可能性もでてく為、ドクターの指示した通りに服用していく様にする事が途方もなく肝心に成るのである。

トップへ戻る