<花粉症の食事治療>高蛋白(たんぱく)

<花粉症の食事治療>高蛋白(たんぱく)

<花粉症の食事治療>高蛋白(たんぱく)

「蛋白(たんぱく)質」の摂取は多すぎてもだめで全く摂らなくてもだめである。
それは高蛋白(たんぱく)や高カロリーな食事を長期間つづけていると花粉症になりやすいからである。
であるからもしも花粉症の症状がでてしまったら、ファーストフード等の高カロリー食は控えめにして、いっぱい食物から栄養を取るように食事治療を施す必要があるのである。

 

蛋白(たんぱく)質は、体内の免疫機能をUPさせる為に必要なものである。
であるから全く取らないわけにはいこない。
しかし蛋白(たんぱく)質を過剰取ってしまって高蛋白(たんぱく)にすると、そのうちは免疫機能が働きすぎてしまって花粉症の症状が酷く(ひどく)なると云われている。
その為花粉症の季節が接近してきたら、食事治療としては肉類の中でも脂肪分が少なくないものをやめて、赤身の肉やささみ、もしくは魚を口にするようにすると効果的である。
魚の中でも青魚にはアレルギー症状の制御効果がある成分が含有されているから尚効果があるようである。

 

花粉症の食事治療の時には「ビタミン」と「ミネラル」をキッチリと取る事を心がけなければならない。
中でも「ビタミンB6」には体内の免疫機能をただしく活動するようにする任務がある。
これが不足してしまうとアレルギー症状が出やすくなるそうである。
また「ビタミンC、A、E」にかんしては抗酸化機能があるので鼻や目の粘膜炎症を抑制してくれる効果がある。
こういった具合にして「ビタミン」も「ミネラル」も体内機能をスムーズにするのに必要不可欠であるためである。

トップへ戻る