スポーツとビタミン、ミネラル

スポーツとビタミン、ミネラル

スポーツとビタミン、ミネラル

ビタミンやミネラルが不足していると、身体のいろんな機能をうまく動かすことが不可能だ。
またビタミンやミネラルだけでなく、他の栄養素が無いと更にうまく動かすことが不可能だ。
これはどういうことかというと、車にたとえて解説してみたいと思う。
炭水化物をガソリン、タンパク質が車の部品、ビタミン・ミネラルは潤滑油や電気だと言う事にする。
ガソリンや部品が良いものだと、早く走ることが可能であるが、潤滑油などの油が無いとその力も全て発揮することができないのである。
その逆で潤滑油などをキッチリと補給していれば100%の力で車を走らせることができる。

 

よくは分からないかもしれないが、スポーツする人も食べ物ばかりに気を取られてビタミンやミネラルを取らないでいると食べ物をうまくエネルギーに変えることが不可能だ。
バランスよくビタミンやミネラルも取るようにして100%の力を発揮するようにすべきだ。
スポーツをする人は、タンパク質やアミノ酸などばかり摂取しようと考えてしまいがちであるが取りすぎは逆に体調不良の原因になったり、カルシウムが足りなくなったりしてしまう。
摂取したアミノ酸などをエネルギーに変えるのもミネラルやビタミンが必要である。
またスポーツする人は体力を一杯用いるために、にせっかく摂取したビタミンやミネラルを失ってしまいがちである。
であるからスポーツをし終焉を迎えた後はキッチリと摂取するようにすることが肝心である。

トップへ戻る