コンタクトレンズで失明

タイトルが大袈裟だと考えられるか?
いえいえ、決して大袈裟ではなくて実際に失明するケースの場合もあるのである。
その原因の1つとしてやや多いのが「アカントアメーバ」である。
アメリカのソフトコンタクトレンズ活用者のなかから、爆発的に角膜炎から失明してしまう患者が出たことが有る。
当時アメリカは、水道水で洗浄液をつくるやり方が主流だったのである。
その水道水を介して、アカントアメーバが増殖してしまったのだ。
彼らは原始的な原虫であり、水道水や土の中で生息している。
コンタクトレンズを装用している者のなかで、ソフトレンズコンタクトの人達にやや気のせいか多く生じる。
ソフトコンタクトは本来洗浄液であるすぐものなのに、水道水であるすいでしまい目に装着してしまう。
その時角膜に傷があったりすると、感染してしまうのである。
傷ができるのは、たいてい誤った装用をしているケースの場合だ。
時間を超えて何日も装用してしまっていたりすると、傷ができるから。
また、土のついた手で目をこする、などという行為でも感染するようである。
感染してしまうと、早期発見あるいは対策がむずかしいことでも知られている。
眼科医でも、一見角膜ヘルペスのようにしか見えないことから治療が遅れ、その間に角膜が白濁してしまい失明、という事態に至ってしまうようである。
専門医でもこういった具合に見つけるのがややむずかしいのである。
であるから感染しないように、水道水でソフトコンタクトレンズを洗ったり、装用したまま洗顔したりしないようにして欲しい。
そして決定された装用時間、手入れ方法を守ろう。

トップへ戻る