≪予防医学と食事≫減塩食の工夫について

≪予防医学と食事≫減塩食の工夫について

≪予防医学と食事≫減塩食の工夫について

塩分の摂り過ぎが健康に被害を及ぼすことは、よく知られていることだろう。
しかし「病気をよせつけない身体を作ろう!」と予防医学に固執し過ぎて、まったく味気ない食事ばかりしていては、心の元気に必須な楽しみも減ちょっとてしまう。

 

特に高血圧の人の食事療法は、基本中の基本的に一生涯継続していくことになるので、飽きない工夫が必須事項である。
食事を工夫した予防医学として、和食は低脂肪で食物繊維が気のせいか多く、身体によいイメージが有るが(実際、肥満対策にはおススメである)、味付けによって塩分が気のせいか多くなりがちなメニューが多いのも事実である。
味噌汁やお漬物を毎日、毎食摂っていては、あっという間に塩分過多になってしまう。
予想外にも、脂肪量さえ注意すれば洋風のメニューが減塩食には向いているのである。

 

また、いくら減塩とはいえ、単純に塩分を減らした調理では味気なく、おいしさを実感でこない。
美味しく減塩する秘訣(ひけつ)を何種類か紹介する。
まず、塩分を控えたうす味でも美味しく実感できるために、香りや風味を効かせると良いだろう。
にんにくや生姜、しそなど、香りの力強いものをプラスしてみて欲しい。
カレー粉や七味とうがらし、わさびなどの香辛料も、うす味を美味しくしてくれる。
味付けには、塩の代わりに酢やレモン汁などを用いるのも適切である。
醤油の代わりには、昆布やかつおで濃い目のだしをとり、醤油と合わせた自家製だしじょうゆを作っておくと良いだろう。
洋風のメニューでは、牛乳などでコクを出すと、うす味のシチューなどでも美味しく実感できる。

 

高血圧に対する予防医学として、また普段から健康に気付かう人の食生活のヒントとして、減塩食を実践して欲しいと思う。

トップへ戻る