不眠症の原因

不眠症になると本当に辛いものである。眠りたいのに眠れない、そうなると苛立つしてきてしまう。多種多様な意味で弊害がでてきてしまいそうである。

 

いったい何が原因で不眠症と云うのがおきてしまうのだろうか?
下記に考慮される原因を記述してみたいとおもうので参照事項としてみてほしい。

 

≪環境による原因≫
外の音がうるさかったり、暑すぎたり、寒すぎたり、一緒に就寝している人のいびきがうるさかったり等周りの環境が原因で寝られないケースの場合

 

≪心理的な原因≫
悩みごとや懸念事等が在り、それを考慮してしまって眠れなくなるケースの場合
また、ストレスと云う心理的負荷を抱いているケースの場合でも生じる。

 

≪精神性疾患が原因≫
精神科等を必要とする病気を患ってるケースの場合(うつ病や懸念障害)、心理的に眠れなくなってしまったりする事がある。

 

≪生理的な原因≫
看護婦のような昼夜の二交代や三交代の勤務みたいに昼夜メチャクチャな勤務で体内時計が狂いそうな生活のケースの場合、海外旅行等でおきる時差ぼけのケースの場合等生活リズムが砕いたケースの場合

 

≪これ以外、器質的な疾患が原因≫「睡眠時無呼吸症候群」や、「むずむず脚症候群」等何らかの原因で体が上記のような症状を起こすケースの場合に不眠に成るケースの場合があるようである。

 

上記に挙げたのはほんの一例に過ぎないが、該当する人で不眠症だと実感している人は専門の機関に行き、診察を受ける事が早期対策の鍵に成るとおもわれる。決して自身は大丈夫と過信しないようにする事も肝心な事である。

トップへ戻る